MENU

鹿児島レブナイズ

KAGOSHIMA REBNISE

MENU

NEWS

HOME>ニュース>3月以降の収支についてのご報告

3月以降の収支についてのご報告

いつも鹿児島レブナイズの応援誠にありがとうございます。
この度鹿児島レブナイズは、チーム存続の為に「鹿児島にレブナイズを存続させる会」による募金活動や、クラウドファンディング、新マネジメント体制を中心とするスポンサー獲得等により、3月から5月の「会場費」「遠征費」「人件費」の支払いを終えることができ、公式試合安定開催融資制度の実行回避及び5月中の経費支払いを終えることが出来ました。これは皆様からの多大なご支援・ご協力のおかげです。いつも鹿児島レブナイズを支えてくださっているスポンサー様、ブースターの皆様、全国のバスケットファンの皆様に心より感謝申し上げます。

尚、シーズン中に数回報告をしておりました外国籍選手の未払いの具体的な解決に関しては、支払計画の合意に至っており、その他、選手人件費を含む未払いについては、今後の支払い計画の提示を開始しており、解決に向かい動き出しております。
6月8日にB3参入可否が決定致します。全力をあげて気を緩めることなく経営努力を続けて参ります。

 

3月・4月・5月の収支報告

 

【 収  入 】

広告スポンサー収入

 350万

チケット収入

 610万

寄付・法人寄付・募金

 925万

グッズ収入

 210万

その他
 補助金
 イベント出演料など

 90万

クラウドファンディング
 ※
15,091,000-9,250,000=5,841,000
 (支援決済完了総額)-(募金・寄付金+法人寄付)=(受取金額)

 584万

   

合  計

 2769万

 

【 支  出 】

会場使用料                   

 382万

遠征費

 480万

人件費

 1020万
ホームゲーム経費  125万

販管費及びその他費用
 事務所経費
 営業経費
 グッズ作成原価
 フロントスタッフ人件費
 クラウドファンディングシステム利用手数料など

 372万
 

 

合  計

 2379万

※差額分の約390万円は6月以降のチーム人件費等の支払いに充当させて頂きます。

 

鹿児島にレブナイズを存続させる会 代表 林亮太
株式会社 スポーツフロンティア鹿児島 代表取締役 大山亮平