MENU

鹿児島レブナイズ

KAGOSHIMA REBNISE

MENU

NEWS

HOME>ニュース>2017-18シーズンBリーグクラブライセンス判定結果について

2017-18シーズンBリーグクラブライセンス判定結果について

いつも鹿児島レブナイズの応援誠にありがとうございます。

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(本社:東京都文京区、理事長:大河正明 以下「B.LEAGUE」)は、4月5日(水)開催の理事会において、2017-18シーズンB.LEAGUEクラブライセンス交付(第2回)について、下記の通り決定しましたのでお知らせいたします。

 

B.LEAGUEクラブライセンス申請

2017-18シーズンB2クラブライセンス

判定結果

2017-18シーズンB2クラブライセンス 不交付

不交付理由

財務基準 F.03「売上高基準」未充足

財務基準 F.04「資金繰り基準」未充足

判定結果を受けてのコメント

今回、B2クラブライセンス不交付の主な理由は「財務の売上高基準、資金繰り基準」を満たさなかったことに起因します。

具体的には、売上高が伸び悩み、今期税抜1億円以上になることを合理的に証明できず、又昨今報道等でありますとおり、(公式試合安定開催融資のBリーグ理事会承認を受けざるを得ないほど)資金繰りが悪化しているということです。

このような結果を招いてしまったことについて、先日Bリーグ大河正明チェアマンが来鹿頂いた際のコメントでありました通り、私大山一人が取締役であることから、適正な事業計画、予算に基づいて適切に業務執行を行うことができなかった経営体制に問題があったと認識しております。

ファン・ブースターの皆様、県内外で応援して下さる皆様、スポンサーの皆様、オンコート・オフコートで頑張ってくれている選手・スタッフ、鹿児島レブナイズに関わる全ての皆様にB2という舞台で来シーズン戦わせることができなくなってしまったことにつきまして大変申し訳なく責任を感じております。

今後は、チームが存続して活動できることをB3に入会することと位置付けて鋭意努力を続けて参ります。

何卒、引き続きご支援を宜しくお願い致します。

株式会社スポーツフロンティア鹿児島

代表取締役 大山 亮平